子供の視力トレーニング方法なら

数がありすぎて迷う視力回復方法、本当に効果的なのはどれ!?

今までいろんな視力回復トレーニングの方法を子供にやらせてきたがどれもまったく効果がなかった・・・

 

 

何万もする器具を購入したが続かなかったり、思うように効果が上がらなかったりと感じている方は意外に多いようです。

 

そんな方のためにここでは、子供のトレーニング方法にはどんなものがあって値段はいくらなのか、実際の視力回復効果はあるのか、など紹介していきます。

 

 

眼科で視力回復トレーニング ワック

 

視力検査をするときに使う望遠鏡のような機械。
これを20分覗き込み目の筋肉を鍛えます。

 

気になる費用は病院によっても差はあると思いますが保険適用で1回数百円で行えます。

 

 

デメリット

 

もともと視力回復用のトレーニング機器ではないため、(目の緊張を和らげるためのもの)視力回復に実際効果があるのかは定かではない(一時的とも言われている)

 

訓練が長期にわたって必要になり、週に2,3回通院する必要があります。このことから続かずに途中で断念するケースが多いです。

 

 

ミドリン(眼科での目薬)

 

ミドリンは視力回復の目薬として眼科で処方されますがそもそも近視の回復のための薬ではありません。

 

目の瞳孔を開くための薬なのです。これを知らずにさし続けている方が非常に多く、もちろんこの薬自体に視力回復効果はないのでいづれはメガネをかけることになります。

 

費用は保険適用で1000円程度。

 

 

ピンホールメガネ・アイマスク

 

メガネやアイマスクの目の部分に小さな穴が開いたもの。

 

たしかにこれをかけると普段見えないものが見えるようにはなるが、これはピンホールアイマスクの小さな穴が正常な毛様体筋の働きを行ってくれているだけでメガネをはずすと視力はもとに戻ってしまう。

 

費用 1000円〜2000円

 

 

超音波治療器

 

費用  8万〜9万円

 

超音波によって目の毛様体筋をマッサージ、目のコリをほぐします。

 

 

目の疲れには効果があるが、費用が高い。

 

 

視力回復センター

 

費用が高く、場所が限られているため近くにないと通うことができない。

 

 

場所によって差もあるが、費用10万円〜20万円。

 

 

これらの方法はどれもメリット・デメリットが存在します。

 

・費用は安いが効果が感じられないもの

 

・逆に費用が高いが効果があるもの

 

ではなぜ、効果があるものについてはこんなにも高額なのか?

 

 

その理由は、メガネやコンタクトに変えた際にかかる生涯費用が50万以上もするからです。

 

 

一生、コンタクトやメガネを使うことを選び、高額な費用は払い続けながらさらに視力はずっと低下していくのです。

 

 

なので本当に効果のある方法はそれぐらい払っても損はしないんです。

 

 

ただ、そうはいっても10万、20万なんて大金簡単には払えないですよね?

 

 

そんな方のために、誰でもできるように費用が安く、今まで987名以上の子供の視力を上げてきた方法があります。

 

 

この方法を使えば自宅で1日わずか13分、2か月続けるだけで子供の視力を回復させることができるんです。

 

本当に子供の視力回復を考えるのであればまずはこの方法を見てからにしてください!

 

 

 

>>プロスポーツ選手も取り入れる視力回復方法<<