子供の視力回復のスポーツの本当の効果

視力回復にスポーツは効果的!?

よく「スポーツをすると視力が回復する」という話を聞きますが、本当にスポーツをするだけで視力が回復するんでしょうか?

 

 

結論から言うと「スポーツをすると視力が回復」します。

 

 

一体なぜなのか?

 

 

それは、動体視力を鍛えることができるからです。

 

動体視力とは、動いているもの(ボールなど)を目で追って正確に捉えることができる視力をいいます。

 

この動体視力を鍛えることで視力がアップするんです。

 

 

視力が低下している状態とは、遠くを見たり近くを見たりするのを調節してくれる毛様体筋が衰えている(疲れている)状態です。

 

そこでスポーツをし動体視力を使うことはこの毛様体筋を鍛え、目の疲れを取る効果があるんです。

 

それだけでなく、毛様体筋を鍛えることは目の視力が上がることを意味します。

 

 

このような動体視力を鍛え視力回復に効果のあるスポーツはボールを使うテニスや野球、サッカーです。

 

これらのボールを使ったスポーツ選手は比較的ボールを使わないスポーツ選手よりも視力が高いという特徴があります。

 

野球選手の場合、投手が投げるスピードの速い小さなボールを正確に捉え、バットに当てる必要があります。
こんな運動を毎日やっている野球選手は動体視力がものすごく高いんですね。
これも、動体視力を鍛えることで視力回復に効果があることの証明です。

 

 

子供が運動が苦手で(特にボールを使った)スポーツをさせるのが不安だという方は、道を歩いている時に通る車のナンバーを覚えるなど、動くものを正確に捉える訓練をすることでも動体視力が鍛えられます。

 

 

お出かけする際などでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ただ、スポーツをすでにやっている子供・スポーツをしていない子供でもどちらも親としてはやはりメガネをかけさせたくはありませんよね?

 

 

そこでオススメなのが、動体視力はもちろん1日わずか13分のトレーニングで子供の視力をアップさせる方法があるんです。

 

 

それも自宅で!

 

 

スポーツをすでにしている子供でも、していない子供でもこの方法を使うことで劇的に視力を回復させることができます。

 

 

 

>>子供の視力を劇的に回復させる方法<<