視力を回復するには子供の成長期

子供の成長期に視力が落ちやすい理由

みなさん聞いたことがあると思うのが、「成長期は目が悪くなりやすい」という情報。

小さいころは目がよかったのが小学校に入るなり、急激に目が悪くなってメガネやコンタクトにしなければならなくなった、という話をよく耳にします。

 

 

これは一体なぜなのでしょうか。

 

成長期に視力が低下するとは全員に当てはまるわけではないのですが、実際に、生まれてから20代最初までは視力が落ちやすいと言われています。

 

なぜ、成長期のころは視力が落ちやすいのか?

 

それは、成長期の順応性の高さにあります。

 

つまり、ずっと近くのものを凝視するという行為を集中して続けることで、それに目が順応してしまうのです。

 

特に小学校に上がったばかりの子供は、今までなかった学校での毎日の勉強で目を酷使する機会が急に増えます。さらに現代では、携帯電話、携帯ゲーム器の普及により以前よりも目を使う機会が増えています。

 

 

これが成長期に視力が低下しやすいと言われる理由なんです。

 

恐ろしいのが、

 

視力が下がってしまった、でもメガネをかけさせるのはかわいそう・嫌だ

 

といって子供にコンタクトレンズを付けさせる親がいますが、

 

どんな環境にでも順応できる成長期にコンタクトレンズを使ったら、コンタクトレンズを使うことに子供は慣れてしまうんですね。

 

これは怖いことだと思います。

 

なので成長期の子供にコンタクトをつけさせてはいけないんです。

 

 

今まで成長期の子供は順応性が高いので視力が低下しやすいということを言いました。
じゃあ、一度下がってしまった視力はもとにもどらないのでしょうか。

 

 

そんなことはありません。

 

順応性が高い子供だからこそ、この時期に適切なトレーニングを行えば下がった視力を回復させることができるんです。

 

視力低下を防ぎたい、下がってしまった視力を上げたい

 

こんな悩みをお持ちのご両親は気が付いた時点ですぐに子供の視力アップに取り組みましょう。

 

 

 

>>子供の視力を短期間で0.3から1.2までアップさせた裏ワザ<<