田中謹也のアイトレーニングの口コミなら

田中謹也のアイトレーニングを実際に買った人でしか書けない本音の口コミを公開!

 

田中謹也のアイトレーニングを実際に購入してみました。

 

昔から視力が悪く日常生活にも不便さを感じていた私はなんとかして視力を回復させたいと思い3Dの絵本のマジカルアイやピンホールメガネをはじめとしていろんな方法を探していました。

 

レーシックは失敗談などを見ると手術をどうしても受ける気になれず手術以外で自分で視力を回復させる方法はないものかと探していました。

 

そこでやっと見つけたのが田中謹也のアイトレーニングです。

 

けれど、実際に体験、経験してどうだったか教えてくれている口コミやネタバレサイトは1つもありませんでした。

 

そこで、田中謹也のアイトレーニングを購入することを決意。

 

私と同じような悩みを持った方の参考になれば幸いです。

 

 

>>アイトレーニング公式ページはコチラ<<

 

自宅でできる視力回復法!アイトレーニングが届きました!

田中謹也のアイトレーニングのアイトレーニングが到着しました。

 

 

 

 

封筒を開くと・・・

 

 

 

 

教材とCDや視力回復トレーニングに使うブロックストリングスとトレーニングチェック表がセットで同梱されています。

 

 

 

 

これがトレーニングチェック法になります。

 

 

 

 

購入のお礼とチェック表を何回でも印刷できるように丁寧にURLが載っていました。

 

 

 

 

 

一緒に入っていたCDです。

 

 

 

 

それでは教材を一緒に見ていきます。

 

 

 

 

教材は80ページで上が目次になります。

 

冒頭は視力低下の原因など視力に関する情報で、それ以降が実際のトレーニングの説明という構成になっています。

 

 

 

 

冒頭の視力に関するページは専門的な内容ですが、素人でもわかりやすいように書いてありました。

 

どんなにいいトレーニング方法でも原理やなぜこのトレーニングが必要なのかがわからないと実践できなかったりモチベーションが続かなかったりします。

 

その点、冒頭でしっかりと知識を蓄えられるので、安心しました。

 

 

 

 

私も経験済みですが目が悪くなりたての頃、眼科に行くと必ず言われる「このまま経過を見ましょう」というセリフ。

 

これってもちろん、「回復するかもしれないので経過を見ましょう」という意味だと思いますよね?

 

ところが、全然違ったんです。

 

視力を回復することはできないがこのままの状態で経過を見ていよいよ視力が落ちてきたときにはメガネを作りましょう

 

上のように言われるのと違いがない診察をしているのが病院なんです。

 

なので視力が下がったまま放置し病院の言うとおり目薬(ミドリンMなど)などを差すことで安心しそのまま様子を見るようなことは絶対しないでください。

 

 

 

 

ここからはトレーニング方法の紹介です。

 

最近ではいろいろなトレーニング方法が巷に溢れていますが、その代表が遠近トレーニング法や遠方凝視法などがメジャーな方法です。

 

一時期流行った3Dのマジカルアイなどに応用される輻輳解散法なども目のピントを合わせる力を鍛え視力回復を狙う方法になります。

 

ですがこれだと、目のレンズを調節する毛様体筋を鍛えることができないため視力回復にまで至りません。

 

こんなふうに巷にある視力回復法はどれもデメリットが存在します。

 

ただ、このブロックストリングスを使用したアイトレーニングは毛様体筋を鍛えることができながらも輻輳解散法などのようんいピントを合わせる力も鍛えることができるので総合的に目の機能を取り戻すことができるのです。

 

 

 

 

ここでは誰もが信じていて聞いたことがあるブルーベリーが視力回復するという謝った情報についてです。

 

 

 

 

最近人気の夜付けるコンタクト、オルソケラトジーやレーシック手術の田中謹也の見解も載っていました。

 

レーシックを受けると老眼が相当早く来てしまうのは知らなかった方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

たぶんこのサイトを見ている方や、視力回復方法を探している人、全員が調べたことのある巷の視力回復方法やアイテムについての説明です。

 

やはり、どれも知らなかったデメリットがありました。

 

 

 

 

 

 

超音波治療器という言葉を聞いたことがあると思います。

 

有名なところだとフタワソニックやアイパワーなんかがあります。

 

一見、超音波で目の疲れを癒すところと高額なため効果がありそうに見えますがこの超音波治療器でさえもデメリットが存在します。

 

 

 

 

続いて2章のトレーニングの解説です。

 

初めは、目の疲れを取るための簡単な運動です。

 

この運動は職場や自宅などどこでも実践できるので空いた時間でできてしまいます。

 

 

 

 

この目の疲れを癒す運動がいくつか解説され、次は待ちに待った特典のブロックストリングスの使い方です。

 

 

 

 

最高の視力回復トレーニングをもってしても視力が回復しないことがあります。

 

それは日常で目の使い方を間違えている場合です。

 

この場合、いくらアイトレーニングを実践しても視力が回復しないことがあるんです。

 

ここでは、実践したいるのに効果が実感できない方のためのポイントの解説。

 

 

 

 

このアイトレーニングを実践し、視力が回復したのにもかかわらず以前の視力が低下している時の目の使い方を続けるとすぐに視力はもとに戻ってしまいます。

 

このページでは視力アップを実現した後に、その視力を持続するための方法です。

 

 

この教材をすべて読んでみると巷にある視力回復教材のほとんどがマジカルアイなどと同様の方法で視力回復効果をうたっていたりしていますがこの方法は効果が全くない人がいるのも事実です。

 

特に視力回復センターなどで行われる遠方凝視法は、30分という長い時間をかけて1日も休まず実践しなければならないなど子供には厳しいトレーニング方法ではあります。

 

一方で輻輳解散法だと、毛様体筋の筋肉を鍛えることができないため目まぐるしい視力回復効果を得られないという点。

 

 

しかし、アイトレーニングであればブロックストリングスを使いわずか12分で毛様体筋も鍛えられてしまうためシンプルで視力回復効果も得られやすいと思います。

 

遠方凝視法や高額な料金で視力回復センターなどに通うことを考えると、自分の家で安価でトレーニングできるこの「アイトレーニング」がコストパフォーマンスが一番いいと感じました。

 

 

>>アイトレーニング公式ページはコチラ<<

 

 

 

↓↓詳しいレビュー、その他の視力回復教材のレビューをこちらのサイトにまとめました↓↓

 

 

 

>>「田中謹也アイトレーニング」のより詳しい口コミはコチラをご覧ください